宝塚記念 2019 惨敗

人気投票1位のアーモンドアイがいませんが、小頭数ながらそこそこのメンバーが集まっています。

毎年なんやかんや荒れ気味な宝塚記念。

備忘録的に記録します。

これまでの宝塚記念の勝ち馬のイメージとして、

『超王道路線の馬も勝つけど、そこを目指していた馬の敗者復活戦』

というのがあります。

① 超王道・その年度を代表するような馬達で宝塚記念も勝った馬

 メジロマックイーン・テイエムオペラオー・ディープインパクト・オルフェーブル・ゴールドシップ ・アドマイヤムーン

② ①争いはしていたがなれなかった馬達 実力はある

 グラスワンダー・メイショウドトウ・タップダンスシチー・ドリームジャーニー

③ まぐれかな?

 メジロパーマー・ダンツフレーム・エイシンデピュティ・アーネストリー・
ラブリーデイ ・マリアライト・サトノクラウン・ミッキーロケット

あくまでわたしの独断と偏見なんですが。なんとなく3パターンに分かれます。

③に入る馬は、メジロパーマーはのちに有馬記念も勝ちましたが、当時は障害レースを経験していたこともあって、人気薄でした。メジロマックイーンが出走していたこともあって、

『メジロはメジロでもパーマーのほうだー』とアナウンサーさんが絶叫していたのを思い出します。

今年の出走馬の中で、①の王道路線を走る馬というのが、ここ最近の社台グループの使い分けというかルメールファーストのせいでいません。

②としては、レイデオロ・キセキ・アルアイン・スワーヴリチャード・リスグラシューくらいになるでしょうか?

③のイメージとしては、ダービ馬に対して失礼なのは承知で、マカヒキがぴったりです。②に入れてしまいましたが、キセキ・アルアイン・スワーヴリチャードもこちらに近いかもしれません。

レイデオロは鞍上のルメールが意外と阪神芝2200mが得意ではないというのがちょっと気がかり。自身もGⅠ2勝は東京コースというのもあります。連には絡むかもですが、勝ち切るかというと、なんかイメージに合わない気がします。秋の天皇賞が一番似合います。宝塚記念-天皇賞秋の連勝というイメージも沸かないのでここはよくて2着まで。

キセキは菊花賞以来勝ち星がなくて、2018年度は王道路線を走るものの、善戦マンで終わっています。こういう馬の唯一の勲章(菊花賞勝ってるから唯一ではないけど)みたいな感じで勝ってしまうイメージは何となく浮かびます。けど、1番人気になるようなら少し違う気もします。4番人気くらいならイメージ会うんですけど。

リスグラシューは気になります。ただ、宝塚記念に牝馬はよく絡みますが、ジェンティルドンナ以外は人気薄やったはずです。3番人気はちょっと集めすぎです。レーン騎手もちょっといやです。

エタリオウは1勝馬なんで論外だと思います。最近天皇賞春掲示板から宝塚記念につながらない傾向もあるようなので、ヒモにすらいれないでおこうと思っています。

スワーヴリチャードはサウスポーでしょう。出走するレースも東京と中京を軸に選んでいるふしありますし。去年の大阪杯は勝ってますけどそれ以外は3着にすら入ってませんし。

ここまでわたしにディスられなかった馬で、さすがに君らはないでというのが

タツゴウゲキ(7歳馬はしんどい)スティッフェリオ(ローカル大将)ショウナンバッハ(8歳馬では無理)は消えてもらって、残るのが

アルアイン マカヒキ クリンチャー ノーブルマーズ

になります。

アルアインは天皇賞秋のあとにジャパンカップじゃなくてマイルCSを目指すあたり、②か③の要素を感じています。その他3頭は③の要素が強いですね。(あくまでわたしの個人的見解なので)

過去の③の馬を調べてみると、2200mの好走経験がないのがミッキーロケットくらいで、サトノクラウンやラブリーデイは京都記念、マリアライトはエリザベス女王杯、ナカヤマフェスタはセントライト記念など芝2200mの重賞を勝ってます。アーネストリーは前年宝塚記念3着というのがあります。

ここから考えると、マカヒキの(0020)は少し弱いです。

ノーブルマーズの前年宝塚記念3着はうかつに消せないし、そもそも(2113)と非根幹距離である芝2200mの経験が豊富というのは気になります。

アルアインは勝ちこそないですが(0300)と連対率100%。セントライト記念・オールカマー・京都記念です。ここでも2着ならグランドスラム?達成です。

注目はクリンチャーです。(2001)すみれSと京都記念に勝って、セントライト記念では負けています。2200m戦2勝は、ノーブルマーズとクリンチャーの2頭のみです。

結論

アルアイン・クリンチャー・ノーブルマーズの3頭を中心に購入します。

ただ、ノーブルマーズとアネストリーを対比して紹介しましたが、アネストリーは宝塚記念3着後、札幌記念勝ったり天皇賞秋で2番人気になったり、正当な強さを見せてたのに比べ、ノーブルマーズは(0005)なので同じには扱えません。あくまでヒモです。

アルアインとクリンチャーの単勝

アルアインとクリンチャーの枠連(ノーブルマーズもフォローしとく)

アルアインとクリンチャーのワイドもしくは三連複で相手を絞ろうと考えています。



結果

ということで、かすりもしない惨敗でした。

1着 リスグラシューは、海外遠征開けは不利というデータをくつがえしましたね。

それと牝馬で来るのは、人気薄のディープインパクト産駒というのも覆しました。

2着のキセキは、来ても不思議ではない馬なので仕方ありません。

3着のスワーヴリチャードは、サウスポーかと思いきや、阪神コースも割と得意で(2100)(レース前)なので、抑えないといけない馬でしたね。

クリンチャー・アルアイン・マカヒキはだめでしたね。

sasaki-blog
  • sasaki-blog

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です